観音寺

年中行事

12

31

除夜の鐘

12月31日

IMG_5126IMG_5133除夜の鐘

観音寺の除夜の鐘は毎年大晦日11時45分から撞き始めますと生馬の谷に響き渡ります。
除夜とは12月31日の鐘は元々除煩悩の鐘と言い、一年の最後の日に罪・穢れを打ち消すという意味があります。悩み煩(わずら)いのない清らかな状態で新しい年を迎えるということになるのですが、三毒煩悩(貪・瞋・痴)煩悩を滅することは難しい事です。
法然上人は三心(至誠心・深心・回向発願心)をよく心がけてお念仏すべきだと法然上人は述べておられます。
また、ここ十数年続いています生馬青年団の獅子舞も舞うことで
近年ではこんな山寺ですが大勢のお参りでにぎわっています。